スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「直江兼続誕生」のあらすじ

 兼続(妻夫木聡)の出世を快く思わない毛利秀広(長谷川公彦)は、信綱(山下真司)山崎専柳斎(石井洋祐)と口論になり、二人を斬り殺してしまい、責任を感じた兼続は景勝(北村一輝)に家老職から身を引きたいと願い出ます。



 ここからが直江兼続誕生のお話です。


 景勝と仙桃院(高島礼子)は兼続に上杉家のため、
主命だというその言葉に従い信綱の代わりに直江家を継ぎます。
兼続はお船の夫として直江家に婿入りし、直江兼続となります。


 一方、信長(吉川晃司)の軍勢は、着々と越後を包囲しつつ、
この信長軍を食い止めるため、吉江(山本圭)安部(葛山信吾)
が願い出て魚津城へ。


 信長は秀吉(笹野高史)の家臣、石田佐吉(小栗旬)と対面し、
直下の部下にならないかと持ちかけられ佐吉は言葉巧みに断りをいれます。
信長軍は武田領に進攻、城を次々と攻め落としていきます。
武田の危機に、景勝は援軍を送ろうとするが、勝頼はこれを断り、
勝頼は自害し、武田家は滅亡します。


 信長はささいなことから逆上し明智光秀(鶴見辰吾)を足げにするが、
それを徳川家康(松方弘樹)がとりなします。


 春日山では、気落ちしている菊姫(比嘉愛未)に、
景勝はこれからも妻でいてほしいと伝え、
菊姫は初めて夫婦であることを実感する。
この場面は非常にいい場面で戦いばかりのシーンには
反する心暖まります。


 信長軍の勢いは衰えず、ついに越後を包囲しました。
そして魚津では激しい戦いが繰り広げられていました。
見所の動画はこちら!


ここからはちょっとした雑談^^!

時代活劇の傑作シリーズの最後を飾る作品がSMAP・香取慎吾主演映画『座頭市 THE LAST』の配役が発表されました。過去のシリーズにはない登場人物が多数描かれていて最も注目される市の妻・タネ役には女優の石原さとみが抜擢されました。

『座頭市』では、故・勝新太郎さんやビートたけしらが演じた“流浪の侠客”としての市だけでなく、故郷にいる友人や愛した妻の存在が初めてクローズアップされ、人間味あふれる市が描かれており非常に魅力的になっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090422-00000024-oric-ent


大河ドラマ






スポンサーサイト

tag : 新潟県 視聴率 NHK 天地人 大河ドラマ 直江兼続

お気に入りに追加

My Yahoo!に追加

Add to Google

NHK大河ドラマ
新大河ドラマ 龍馬伝
高知県立坂本竜馬記念館

↓2010年の新大河ドラマ↓

新大河ドラマ 龍馬伝

龍馬伝関連商品一覧

お~い!竜馬(文庫版) 1-14巻 漫画全巻セットお~い!竜馬

プロフィール
◆天地人

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。